裁量トレードとシステムトレード

y0cyyrhkf68e47pg株式投資やFXをする際に人は自分の判断と責任のもとでポジションを組み、そして一定の水準に価格が達した時点で決済し利益確定やまたは損切する。

これを一般的に裁量トレードという。しかしこの裁量トレードの欠点として、「人間の感情が実際のトレードには入りやすい」ということ。

人間は元来、自分のミスは認めたくない生き物である。
しかし仮に含み損が増えていたとしても「また値は戻すだろう」という根拠なき期待をするが、その期待とは真逆を行った場合、やがて含み損が証拠金の額を上回ると強制決済(ロスカット)され悲しくも退場となる。

そして次は損した分を取り戻そうという心理が人間には働き、更に熱くなり焦ってポジションを組むも、また思っていた方向と異なる方向に相場は動き、挙句またロスカットされてしまう。

誰しもこういった苦い経験はおありなのではなかろうか?
つまり裁量トレードのデメリットは「自分の判断が正しいのに相場にそれを否定されると熱くなり冷静な判断ができない中でポジションを組み強制決済ばかりされてしまう人が陥りやすい」傾向がある。

人間とは「何かに考えを否定されるとその事実を受け入れられない」という心の弱さを持っておりその弱さがが裁量トレードに反映されやすい。

損失を抑える方法の一つとしてシステムトレード

FXの基本は「いかに損を小さく大きく儲けるか」がカギである。

xvee8ss39qpbeiではどのようにして損失を小さく抑えるか?
その一つの方法としてシステムトレードがある。

もし人間の感情を抜きにして厳格なルールに則った「売買のサイン」を予めコンピューターに指示し、そのルールに則り売買できれば、幾分精神的な負担は軽減されるだろう。

裁量トレードは振り回される相場になるとストレスも多く、相場がジェットコースターのように乱高下しだすと余計にその負担は大きくなる。それを多少なりとも軽減してくれるトレード方法がこのシステムトレードなのだ。

このシステムトレードは人間の感情を一切排除し、予めストラテジと呼ばれる買いのサインと売りのサインを指示しておけば、あとはマシーンのように自動的に売買してくれるというもの。

ストラテジとは日本語でいうと「戦略」でどのような戦略をシステムに指示するか?ということになる。

システムトレードはコンピューターが蓄積している様々な膨大な相場の傾向と、過去の相場データからあらゆる展開を読み、今後の相場のトレンドを予測し淡々と、且つ事務的に売買するので、裁量トレードで陥りやすいストップロスによる損失を最小限に抑えられるというメリットがある。

この夢のような話をすると多少なりとも投資経験がある方ならこういう疑問を持たれるかもしれない。
「システムトレードって機械に運用してもらうのだから投資信託じゃないの?」という疑問。

投資信託は顧客の資産をファンドマネージャーに預け、そのファンドマネージャーが数々の株式や債券銘柄からポートフォリオを作り、それを運用し利益を上げる。

つまりファンドマネージャーの判断次第で利益が出るか出ないかが決まる。
しかしシステムトレードは自分でストラテジを作成する為、自分がファンドマネージャーになるので、投資信託とは似て非なるトレード方法なのである。

FXなら初心者もアクティブトレーダーも「みんなのFX」
FXなら初心者もアクティブトレーダーも「みんなのFX」

口座は誰もが作れない時代になっている

システムトレードをやる上で証券会社やFX会社などのサイト上で口座開設したほうが、その情報量やデータ量エクセルの使いやすさなどにおいて合理的である為、可能であれば口座開設をされることをお勧めする。

knlj7an4w8しかし口座開設にあたっては昨今、何かと厳しい条件が多く、新規で口座作成ができない方もいらっしゃるのが現状である。

どんな口座であっても開設するにあたっては、金融証券取引法上の制限以外に、各社で定めた独自のルールがありそれに抵触した場合は口座開設が
出来ないようだ。

金融証券取引法上の制限として「勤務先が証券会社や金融機関、またはシンクタンクなど」一般の投資家と比較し優位な立場にある職業である場合や、申し込み者が反社会的勢力であったりした場合、未成年名義などFXを始めるにあたり適切な判断ができる属性かどうかも問われる。

これらはすべて金融証券取引法上の投資家保護の観点に起因するものであり万が一、これに抵触する場合は口座作成することはできない。

更に本人確認法上の規定により本人確認資料の記載住所と現住所が異なっている場合も口座作成はできない。

また独自のルールとしては例えば年収が極端に低く、証券会社側で運用財源不足となったりした場合、または無職は投資家保護の観点から申し込みを断られるなど口座を作るだけで大変な条件をクリアしなくてはならない時代になっているのが現状である。

FX情報

FX取引|外国為替
外国為替

FXなら!楽天 FX | 楽天証券
楽天証券

FXプライム|まじめにFX。
FXプライム

アーカイブ

Copyright© 2013 FXのシステムトレードを考える All Rights Reserved.